A群溶連菌感染症について

溶連菌感染症のイメージ写真

A群溶連菌(溶血性連鎖球菌)という細菌に感染することで発症します。
これは春から夏にかけて、5~15歳の小児に多くみられる疾患です。

主に飛沫の吸入で感染します。
2~5日程度の潜伏期間を経てから咽頭痛と発熱で発症し、しばしば腹痛や嘔吐、リンパ節炎がみられます。
小さなざらざらした発疹が出現することもあり、発疹が融合すると猩紅熱といわれる状態になります。

放置すれば、扁桃周囲膿瘍、中耳炎、乳様突起炎などの化膿性合併症や、急性糸球体腎炎やリウマチ熱を併発することがあります。
治療は主にペニシリン系の抗生剤を10日間内服します。
有効な抗生剤を24時間以上内服すれば集団生活に戻れます。