循環器内科について

循環器内科のイメージ写真

循環器内科では、主に心臓や血管で発生する症状や病気を対象としています。
動悸、息苦しさがある、血圧が高い、締め付けられるように胸が痛いといった症状があると、心臓や血管の病気がある可能性が考えられます。

高血圧は循環器の疾患で最もポピュラーな病気であり、国内には4300万人の患者がいるとのことです。
高血圧とは慢性的に血圧が高い状態をいい、多くの場合無症状です。
高血圧の問題は、血圧が高いことによって起こる血管障害のために脳、心、腎などに病変を生じさせることで、高血圧を有する人の寿命を短くすることです。

高血圧の治療は①長期にわたって血圧をコントロールすることと、②高血圧以外の心血管病リスク因子の治療を行うことで高血圧性血管障害の発症を予防して患者さんのQOLと寿命をともに改善することです。
定期的な健康診断などで高血圧を指摘されたら一度ご受診ください。

また、高血圧症の治療を受けていても脳血管障害、狭心症、心筋梗塞、心不全、閉塞性動脈硬化症、腎不全等の合併症が出現することがあります。
その際には必要に応じて連携病院に紹介させていただき、適切な診療が受けられるよう取り計らいます。

そのほかにも、循環器の病気には不整脈、先天性心疾患、肺高血圧症、心臓弁膜症など、命に関わるケースが少なくありません。
そのため、以下のような症状や異変を感じるようであれば、速やかにご受診ください。
必要と判断すれば、レントゲン(X線撮影)、心電図、心臓超音波検査、ホルター心電図などを行い、循環器疾患の有無や重症度について診断いたします。

このような症状はご相談ください(例)

  • 血圧が高い
  • 胸の痛みを強く感じる
  • 胸に締めつけられるような違和感を覚える
  • 歩行・運動時に胸が苦しくなり、休むと楽になる
  • 動悸がする(鼓動が速くなる、強い鼓動を感じる)
  • 脈が乱れる、飛ぶ
  • 息苦しくなる(とくに横になっているとき)
  • 以前よりも運動時の息切れがひどくなった
  • 失神した(意識を失った)
  • 心電図や胸部X線検査で異常を指摘された など

循環器内科でみられる代表的な疾患

  • 高血圧
  • 不整脈
  • 動脈硬化
  • 脂質異常症(高脂血症)
  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • 心不全
  • 心臓弁膜症
  • 閉塞性動脈硬化症
  • 大動脈瘤 など