小児科について

小児科のイメージ写真

小児科は乳児から中学3年生までのお子様が対象で、当クリニックでは日本小児科学会専門医である院長が担当します。
小児科のうちでも感染症、循環器疾患、アレルギー疾患が診療の中心になりますが、それ以外の分野の疾患も診療いたします。
お子様の様々な訴えや症状をみて適切な医療機関への紹介も行います。

小児科には熱、鼻水・鼻づまり、咳、喉の痛み、喘鳴、呼吸苦、腹痛、便秘、嘔吐、下痢、ひきつけなどの症状で来院されるお子様が多いのですが、年少児では訴えが明確でないことも多々あります。
「いつもと様子が違う」、「具合が悪そうだ」という漠然とした感覚を保護者の方が抱いた場合も遠慮なく受診してください。
尚、新型コロナウイルス感染症の流行が終息するまでは、発熱やかぜ症状がある患者さんは「発熱・感染症外来」の項に記載してある説明に従って受診してください。

いつからどんな症状がみられているか、いつもと様子がどのように異なるかといったことを保護者の方にお聞きしますので、ぜひご協力ください。
また発熱がある場合は検温した時間と体温、下痢や嘔吐があれば、回数や量について医師から質問することもありますので、これらのことも頭の片隅に記憶して来院なさってください。

また説明しにくい症状(特に発疹、ひきつけなど)は携帯電話(スマートフォン など)やデジタルカメラであらかじめ撮影し、診察時に画像を医師にみせてください。
これによって診断がスムーズになることもあります。

お子様をみせていただいた結果、入院加療、あるいは高度医療機器による治療や検査が必要と医師が判断した場合は、当クリニックの連携先病院や専門の医療機関を紹介いたします。

小児科でよくみられる症状(例)

  • 発熱
  • 鼻水、鼻づまり
  • せき、痰
  • 喉の痛み
  • ぜーぜーする
  • ひきつけ(痙攣)
  • お腹が痛い
  • おう吐、下痢
  • 便秘
  • 湿疹(ブツブツ)
  • 肌のカサつき
  • 機嫌が悪い
  • 泣き方がいつもと違う
  • 何となく元気が無い
  • 顔色が悪い
  • 食欲が無い
  • おねしょ(夜尿症) など

小児科で扱う代表的な感染症

  • 急性咽頭炎
  • 急性扁桃炎
  • 急性喉頭炎
  • 気管支炎
  • 細気管支炎
  • 急性中耳炎
  • 急性胃腸炎
  • 突発性発疹
  • インフルエンザ
  • RSウイルス感染症
  • ヘルパンギーナ
  • 咽頭結膜熱(プール熱)
  • 流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)
  • 水痘(水ぼうそう)
  • 麻疹(はしか)
  • 風疹
  • 手足口病
  • 溶連菌感染症
  • りんご病(伝染性紅斑)
  • 水いぼ(伝染性軟属腫)
  • とびひ(伝染性膿痂疹)など